賃貸で猫を飼う時に知っておくべき基本情報

猫の引っ掻き対策をする

猫を飼っていて一番目につくのは、猫の引っ掻き癖です。これは、猫の習性だから致し方ないことですが、だからといって賃貸物件の壁にたくさんの引っ掻き傷ができてしまうと、退去時に費用が高くついてしまう恐れがあります。そこで、このような猫の引っ掻き傷対策として、壁や柱にカバーをしたりするといったことが基本となってきます。また、住んでいるお部屋にふすまや障子がある部屋がある場合は、ふすまや障子は外しておいた方がよいでしょう。

猫のにおい対策をしておく

猫にはあまり体臭というものはないので、普段はそれほど臭いが気になるということはありません。しかし、その分尿や便をした時に、かなりの臭いが発生することになります。ですから、トイレはベランダに置かないようにします。さらに、壁などの角にはクロスなどをしてカバーしておいた方がよいでしょう。猫の習慣で、過度に額を擦りつけてにおいを付けることがあるからです。自分の部屋の中でも臭いが気になれば、他の住人にも迷惑がかかっている恐れがあるので注意が必要になってきます。

猫を飼う時の騒音対策

マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいて、一番住人とのトラブルになるものとして騒音を挙げることができます。特に猫を飼っている場合は、騒音に対しても、より配慮をする必要があります。猫の場合は、発情期における鳴き声や猫がジャンプした時などの音などの対策が必要になってきます。発情期の鳴き声の対策としては、猫の本能によるものなので、しつけることはできませんから、事前に去勢手術をしておくことが対策になります。猫がジャンプした時などの騒音に関しては、防音効果の高いカーペットなどを敷いておくとよいでしょう。

旭川市の賃貸マンションは、最新の防犯セキュリティを取り付けてあったりと防犯性に関しては、文句の付けどころもありません。