マンションを購入するときに、当たり前に注意すること

マンションといえども購入は慎重に

マンションを買う理由も人いろいろだと思います。ここで一生を過ごす覚悟の人、いずれは郊外の一戸建てへ移りたいと考えながら、とりあえず、とマンションを買う人、あるいは逆に、郊外の一戸建てから、都会の交通の良いマンションへ、終の棲家として移る人、いろいろなケースがあるでしょう。しかし、大抵の人が多額のローンを組んで何十年もかかる返済計画を立ててマンションを買うのですから、不動産としてそれなりのメリットのあるマンションを買う必要があるのは、言うまでもありません。

マンションは交通至便の物件を購入するのがベスト

良いマンションの条件、その第一は立地条件です。都市の中心部で公共交通機関を使って自由に移動できる範囲なら、最高です。いずれ売却することを前提に考えても、そのような立地のマンションを買うと、価値の目減りは最小限で済みます。マンションの設備が現時点で最新のものであっても、いずれは設備は古びて、入居の条件がリフォームになったりするようになります。大規模修繕工事を控えている築15年前後のマンションならなおさらです。

管理のしっかりしていないマンションはNG

また、マンションは管理のしっかりしているところ、できれば管理人さんが常駐しているところを購入すべきでしょう。中古マンションを買うときは、「マンションは管理を買え」とよく言われますが、まったくその通りだと思います。管理がおろそかで、荒れた感じの中古マンションは、たとえそのまま住み続けるにしても、あまり気持ちのよいものではありません。後で売却するにしても、何かの理由で賃貸に出すにしても、共用設備が汚らしかったり、最悪の場合落書き等で汚れていたら、他の条件がどんなに良くても、「住みたい」と思う人は現れないでしょう。

函館のマンションは北海道という寒冷地であることもあり、断熱材などを駆使した温もりのある造りになっている物件が多くなっています。