初めての注文住宅!気をつけたいポイント3選

まずは予算を把握しよう

初めての家づくり、それも戸建て住宅ではなく注文住宅を考えている場合はいろいろとワクワクしていると思います。どんな家にしようか、想像がふくらんでいると思いますが、まずはどれくらいの予算を確保できそうなのか、しっかりと把握することを忘れないでください。資金に余裕がある人は別ですが、親族や金融機関からお金を借りる場合は、払える金額の上限をきちんと決めることが大切です。返済の負担はできるだけ軽くすることをおすすめします。

カタログの見すぎに注意

注文住宅のいいところは、住宅内のすみずみまで自分たちで決められることです。予算が多いほど、自由度が高くなります。間取りをある程度自由にできるのはもちろん、外壁の色や壁紙、カーテン、絨毯、いろいろなものを自分の好みに合わせられるのです。このとき、カタログをあまり見すぎないことをおすすめします。カタログを見れば見るほど、あれこれと選びたいものが出て決めにくくなってしまうのです。いくつかの候補が出たら、それ以上候補を増やすのを控えて採用するものを決めましょう。

信頼できる営業スタッフは大切に

注文住宅を建てることを決めて住宅メーカーに接触すると、担当になる営業スタッフがやってきます。連絡役であると同時に、設計から完成まで相談に乗ってくれる人です。注文住宅を何回も建てている人は少ないでしょうから、営業スタッフを信頼してこまめに連絡をとるようにしましょう。疑問に思うことはなんでも聞いてかまいません。複数の住宅メーカーから見積もりをとる場合、早い段階でいろいろと質問して相手の対応をチェックするのもひとつの手です。信頼できる相手(メーカー)なのか、判断できるかもしれません。

注文住宅の依頼先としては大きく分けて3種類あります。それはハウスメーカー、工務店、建築設計事務所です。