借主にとって魅力的なゼロゼロ物件、その実態は?

借主には嬉しいゼロゼロ物件とは

ゼロゼロ物件というのをご存知でしょうか。敷金ゼロ、礼金ゼロの物件をこのように呼びます。敷金と礼金は、部屋を借りる時の初期費用の中でも大きなウェイトを占めますので、これがゼロというのは借主にとっては大助かりですよね。礼金とは、家主さんに対して部屋を貸してくれることに対するお礼の気持ちとして渡すものです。そして、敷金とは、今後家賃を滞納した時などのために担保として預けておく性質のものです。つまり、この2つはまったく別なんですね。

礼金ゼロは珍しくない

礼金ゼロの物件は決して珍しくありません。住む家が少なかった時代なら、家主さんにお礼を渡すのも分かります。しかし、現在はどちらかと言えば賃貸物件の供給数は過剰であり、空室が目立っている状況です。このような状態で部屋を借りる側がお礼をするのはおかしいですし、そもそもお礼は要求するものではありませんよね。今の時代にそぐわなくなってきていることから、少し前から礼金ゼロの物件は珍しくなくなりました。礼金を要求するよりも、空室をなくすことが優先されるようになった、とも言えるでしょう。

名目の異なる費用を請求されることも

しかし、敷金は、万一の担保として家主に預けるお金ですから、ゼロにするのは家主にとって大きなリスクになります。実は、ゼロゼロ物件は保証会社の保証が義務付けられていたり、クリーニング代が先払いになっていたりすることがあります。本来、退去時に支払うべきクリーニング代を、一律料金にして請求する、というようなスタイルが一例です。敷金礼金はゼロでも、結局は名目をかえて何らかのお金が必要、ということですね。名目に関わらず、結局いくらかかるのかを確認することが重要と言えそうです。

森の賃貸マンションは、部屋を借りる形になるので、近所トラブルなどに巻き込まれたとしても引っ越すことによって解決することができます。